結婚式の二次会で盛り上がる出し物といえば、景品がゲットできるゲームでしょう。豪華景品が当たるわくわく感もあり、どのような世代の人でも楽しむことができます。新郎新婦とゲストが一緒になり楽しむことができて、結婚式の披露宴とは違った雰囲気があります。しかし、新郎新婦や幹事にとって、景品選びは頭を悩ます要素です。

二次会の景品で選ぶコツは、豪華景品と多くの人に分配できる景品とに差を付けることです。豪華景品がそろえられていれば、多くの人が参加し盛り上がること間違いなしでしょう。メリハリを付けるためには、豪華景品の価格を少し高めに設定し、最低ラインは安価なものにすることです。メイン商品は1点ものにして、参加者のなかからたった1人しか当たらないようにすると、特別感を演出できます。

景品に充てる費用は、ゲストから支払われる会費でまかないます。1人あたりの会費を下げ過ぎると、景品に充てる費用が少なくなるため注意が必要です。逆に高くし過ぎると、ゲストが参加しにくくなるため、その見極めが大切です。景品は誰にでもいきわたるようにしますが、豪華景品と参加賞の差が付き過ぎると、不満が高まる原因にもなります。そのためメリハリを付けるといっても、参加賞となる人は豪華景品と比べて半額くらいに設定しましょう。

このように工夫したうえで、豪華賞品を決めてみてはどうでしょうか。無理にコストダウンを目指そうとすると、最低ランクの景品の質が悪くなりやすいため、ネットショップで価格を比較しながら、豪華景品に充てる金額を増やすようにしましょう。豪華景品に選ぶと喜ばれる、2つの景品を紹介します。